SSブログ

2016大沼遠征3

 ここまで話は進んできたが、そういえばこの日がいつだったのかを明記していなかったことにいまさらながら気づきました。 何ともお粗末なるそれですが、遅れ馳せながらではありますが、2016年5月3日と4日の2日間のお話です。前々日(2日)の夜に札幌を出立し夜半に大沼公園に到着しそのまま車中で仮眠、朝(3日)になって(というよりも、実際は未明ですが)、コンビニで「山水ワンドで・・」とした情報を得ながらもなぜか地獄湾に入ってノー当たりの『地獄』を味わい尽くして、傷心のキャンプの夜を過ごしハァー・・・、結果はノーヘラですが長い長い1日でしたー。ところが、この日(4日)前回の記事通りに思わぬ拾いもので爆釣の半日となりました。雨風が皆の体に叩きつけるなか、尺半へらに心をすっかり奪われて夢中で釣りを続けたのです。正午過ぎには全員がぬれ鼠となって・・・。 

朝は静かだった.JPG 

朝の湖面は静寂でした

 大沼の湖畔から車で10分ほどの距離に、チャップ○ン館という温泉施設があります。設備はなかなか充実しており、きれいで清潔感も担保されています。遠征の際にはよく利用させていただくのですが、同地を後にするこの日は、全員がぬれ鼠のまま直行となりました。体はすっかり芯まで冷え込んでいる子供たちですが、心はポッカポッカです。思春期の恥じらいもそこそこに、ドッボンと思う存分いい湯にもじります。「いいねー釣れたやつは、俺たちゃー体も心も芯まで冷え込んでますー」今回の遠征のサポート役の大人たちのボヤキが、湯気の向こうに吐き出されます。 

「いやー俺震えたわー」「そうでもないよー」「オレ来年は50釣れると思うわー」等々、

沈む浮島4.JPG

来年もあの浮島に乗るしー 

お母さんおれやったよ多分.JPG

おれ多分やったよー、2枚目だから余裕ダシー

子供たちの楽しい思い出の反芻や威勢の良いお話をば小耳にはさみながら・・・、大人の事情が聞こえないふりをさせます。

 大人たち全員が「来年こそ」と思いを馳せたはずです。悲喜交々ではありましたが、全員が湯につかりこの遠征の垢を落としたのです。 さて「風呂に入ったしー」ということで、今度は食い気が頭をもたげます。「よしまずは車で走って遅めの昼食というか早めの夕食を浜チャン○ンでー」ということで、長万部まで走って「総勢10名様ねーいらしゃーい」で、「食ったしー」。

お店の外に出ると、ちょうど首だし写真パネルが設置されており、「写真撮るしー」で、 

レン.JPG

レンの写真

カナタとゴウキ.JPG

カナタとゴウキの写真

カイとアラタ.JPG

カイとアラタの写真

こんな感じになったのですが、紅一点のココミは「恥ずかしー」らしく写真はありません。  食事が終わり外に出ると日は暮れております、満幅ですからたまりませんJrたちは爆睡タイム、なれど大人たちはそれとの戦いに・・・。毎回の遠征もこれがなければ最高なんだけどねー。

「じゃ高速乗りますー」組、「じゃ下道行きますー」組、に分かれてそれぞれ家路に就いたのです。

  今回の遠征を含めて毎回の遠征でも、必ず様々な出会いがあります、一番出会いたいへら鮒との出会いは、日並みによるので所詮は『運任せ』なのですが、朝の忙しい時間帯に足を止めて、「山水ワンドで・・・」を授けていただいたことが、その時には気付けなかったのですが、実は大きなキーワードになっておりました。その言葉がなければこの遠征も「あーあっ」なんてことになっていたかもなのです。出会いの大切さを再確認させるには十分のそれになったのです。 2017GWの遠征も今現在、予定を組んでいるところです。はたしてどんな出会いが?、何よりへら鮒たちとの出会いはあるのか?

もしこのサイトをご覧になって「よーしおれも私も」となったJrを含めた方々は、まずはこの場を通して僕たちと出会ってみませんかー。

連絡待ってますよー気軽に声掛けしてくださいねー。

次回は「春は発寒川からだしー」ということで、Jr諸君が今まで釣り上げてきたへら鮒の写真を30cm以上に絞って連載していきます。

来年は2月から「発寒川での釣り」が始まります、この「春の発寒川」は釣れるへら鮒の型が良いことでは定評があります。

新べらクラブJrの諸君たちも、結構ここで良い型を釣り上げているのです。

次回はそうした背景もあり、春の発寒川を中心とした特集になる予定です。

カイ40.8cm.JPG

前回のカイの40.8cm計測中写真を追加


nice!(0)  コメント(0) 

2016大沼遠征2

 とりあえず、子供たちを二班に分けました。

 出来得るならばひとところに並んで「お互いを意識しつつ」の、釣りにしてあげたかったのですが、とにかく大沼は国定公園ということもあり、木を切るなどもってのほかなので、釣り座をキープするのがとても難しいので仕方がないところです。

 カイ・カナタ・レン・アラタの4名を浮島の上に座を構えてもらいました。

ゴウキ・ココミの二人はボートに乗せて道路に向かって竿を振るポイントに座を構えてもらいました。

前者は、浮島ということで、兎に角大人を寄せ付けない、何かを手伝おうとうとするも、近くによると沈み始めるからだったのです。

子供たちの体重でさえ、時間の経過とともに沈み始めて、彼らの釣りに対する集中力を削いでいきました・・・「あーっ!!」大人ならそんな怒声を上げたかもしれないほどのストレスを浮島は生み続けたのです・・・、が!!・・・。

他方ボート組は、このゴムボートを固定するべく、スギは奮闘しました。ウエーダー装備で何本もロープを巡らせて小1時間近くかけてなんとか固定することができました。

「ふーっ」そ、その時、「なんか来たー」「鯉だー」「鯉かー」からのーーーー

「へらでしょー」ひとつ隣を挟んだ次兄のカナタの上ずった声がユース下ワンドに響きわたったのです!!「マジかオイ、アラタ慎重になー」意外なほどに当の本人はずいぶんと落ち着いていたようですが、ウエーダーでそこを目指して湖面を割り進むスギは完全に大人としての自制を失っていました。

 いくら急いでも手伝うことは件の浮島です、叶うことなどはないのであります。20歩ほど進んだ中間地点で、遠目ではあったものの魚の気配はそのやり取りを通して感じ取れました。とにかく竿の曲がりは尋常ではない、それが水面下で抗い・反転・懸命の抵抗を繰り広げている。しかしてアラタの竿さばきがそれの尋常ならざる抗いも反転も抵抗も、それらすべてを『柳に風』で、捌いていく・・・。40歩を進んで到着したその頃には、勝負はぼぼ決していました・・・。後は最難関の越えなければならないハードルがただ一つ・・・、なれどこのハードルは合わせ直後と並んで一番の高さになります、最初と最後の両極端ながら、相手が大きければ大きいほど難易度が上がることは共通なのです。「兎に角時間をかけて、タモは深く沈めて・・・」心配は無用でした。 ずいぶんと落ち着いています、所作には完全な落ち着きがあり平素の教えもしっかりと為されていました。「入ったー」本人はもとより、並びのJr諸君もそして40歩をおっとり刀で駆けつけたスギを含めた皆で、“それを掛けてから飲み続けていた息”を、ほっと湖面に向けて吐き出しました。多分浮島は3cmは浮いたはず。

アラタ.JPG

先週も見たけど470はなんどみてもねー

「とりあえず陸(浮嶋だけどー)の上でフラシに入れて計測は後のお楽しみに」どうせ浮島の上で近づけないのだから・・・、何より次の一枚を狙って・・・。

「ゴウチャンが来たー」背中越しのうれしい声に即座には振りかえることが出来得ないほど、体の自由度はなくなってきていました、息せき切った行きを、今度も40歩、またまた引き返さなければならなくなったのです(でもやっぱりうれしいー!!)。ボート組のゴウキが竿を満月に撓らせています。 「ボートの二人は兎に角どっちかが掛けたら、残りの一人は当たりが出てても必ず竿をあげなさい」言い聞かせてあったそれはココミによってしっかりと実行されていました(うん偉いぞー)。 ゴウキに向かってまたまた泳ぐようにウエーディングしていきました、道中何度も転びそうになるものの、何とか踏みとどまりてはまたを繰り返した40歩・・・。これもアラタのそれにも負けず「でかい」 何とかタモにも入りました。

フラシに移し一安心(残念ながらこのヘラは後にフラシの取り付けが悪く水落バイバイキーンおそらく42~43ぐらいと思われます)し、達成感を堪能する間もなく次の1枚を求めてボート組の釣りは再開されました。「オレも来たー」今度はカナタが満月に竿を絞っています。しつこいようだがまたまた40歩であります。精根尽き果てるほどの疲労感と、何より水中に立ち続けていることでの四肢の冷えは尋常ではないのに、ここでも「でっけー」の一言が気持ちと体を持ち上げます。

やばいって1.JPG

「やばいっておれマジ震えてるし」

カナタのへらは遠目に見ても尺半級にみえたからだったのです。

ここから、浮島組の竿が曲がり続けました、ワンドの一番奥に入り一人へら群れの中心をやや外した感があったカイも、”流石の実力”できっちりと型物を釣り上げました。

 

 カイ.JPG

「小さく見える?」御冗談40.8cm(カイ)ですぞー

6人のメンバーで型を見ていないのは、浮島組のレンと、ボートのココミだけになりました。  
あまりに両隣との差が出ていることからレンの釣りを遠目で観察すると、どうやらウキがあっていないように感じ、アドバイスをするとやはり大きく狂っていました。慌てて調整を済ませるも、この時すでに遅し、で好地合いは一気に崩れ始めており、かてて加えて雨風が強烈にたたきつける天候になっていったのですあまりの大荒れで、ボート組の安全が怪しくなり、風裏に異動させることにしました、ここでも舟着けにはやや難儀しましたが、異動後程なくゴウキが写真のそれを掛けたのです。

 ゴウキの尺半劇場2.JPG

水面下のヘラ薄らですが見えてますよねー(ゴウキ格闘中)

奥に見えるのが浮嶋組でーす「おーい」

 ゴウキ.JPG

で、こうなりました45.7cm尺半ですが何か。

写真にうっすらと水面下の巨べらが写りこんでいるのがわかるはずです。

レンとココミは最終版まで頑張りました。本当に頑張ったんです、が、流石にこの日の天気は厳しく、雨と風のダブルパンチで二人を含めた皆の集中力は昼前には限界になっていました。それでも紅一点にして最年少のココミは誰よりも最後まであきらめませんでした。残念ながらこの日はヘラの神様は微笑まなかったのですが、あえて彼女の頑張りを『根性』と結んで深く記憶の襞に刻んでおくことにします。近い将来、ここで大型を仕留めたときこの日頑張ったそれがあったからと彼女に伝えたいからです。全員がパンツまでびしょ濡れで迎えた最終日の釣り、さあーこれから検寸と写真撮影の始まりです。まずはこの日最大の47.0cmを釣り上げたのは、浮島組最ワンド出口よりのアラタ、

アラタ47.0cm.JPG

 47.0cmすごい魚体です

第2位は46.4cmの浮島組出口3人目のカナタ、

カナタ46.4cm.JPG

カナタ3枚.JPG

 カナタの3枚の尺半

第3位は異動後に釣り上げたボート組のゴウキ45.7cm

ゴウキ45.7cm.JPG

ゴウキの尺半45.7cm

第4位は、へら群れの中心から外れる不運に泣いたが実力はピカ一のカイ40.8cm

カイ.JPG

計測中の写真がないので再度登場40.8cm

残念カイとココミはノーヘラに沈みました。なおカナタが尺半3枚、ゴウキとアラタが1枚づつで、この日この小さなワンドで5枚の尺半が出たことになります。そのほかでも40Upということなら、カイ、ゴウキ、カナタも釣り上げており、新べらクラブJrとしては記録的な釣りになったのです。なお引率の大人諸君は、藤田氏がかろうじて43をゲットしたもののスギをはじめ何とも情けない遠征になってしまいました。最後の写真は、釣れなかったココミとレンには借り物でのそれにて、全員の『あの日』の思い出に手持ち写真を撮ったものです。

でっけー2.JPG

この笑顔がこの日の釣りがいかに楽しかったのかを物語ってませんかー

 よく見ていただくと、ココミのヘラ鮒は黒子が手持ちしています、これは「さなか無理―」のココミならではなのですが、逆に考えると「さかな無理―」の小学5年生の女の子でも、へら鮒釣りはできることを雄弁に物語っています。

 このブログをご覧になって興味をもたれた方々は是非連絡してほしいのです。「釣らせます」絶対に!!何よりJrは1年もあればすぐに釣ります。47.0cmを釣り上げたこの子どもたちは現在中学1年生、ゴウキ・カナタ・アラタが小4から、レンとカイは5年生から、ココミは小3から竿も振れないところから始めて、今日に至っているのです。 

 さてさて記念写真に写った皆のおパンツが実はびしょびしょだったことは前述の通り、「このまま車でサッポロ-!!」は無理があります。

 ということでまずは温泉に直行するのですが、『序・破・急』、破の段はここまでとしておきます。釣りばかりじゃないJrの活動、次回『おれたち風呂入るしー、腹も減ったしー、写真も撮るしー』をお待ちくださいませー。


nice!(0)  コメント(0) 

2016大沼遠征


 前回予告の「月形攻略はなったのか?」実は結論から言うとならなかったのですー。   特段の見せ場もなかったこの日をとりあえず1行で片付けて、今年一番の釣りになった『あの日』を振り返ってみることにします。
 

2016ゴールデンウイーク、道南函館の大沼への遠征をしました。おっと正確には七飯町の大沼でした。

実は前年度も同沼へは同時期に遠征しています。その時の成果はカイが40UPをしとめたものの、後は鳴かず飛ばずで大人4・子供3名は討死となったのでした。

カイの426大沼地獄湾にて4.JPG2015大沼遠征地獄にも笑顔.JPG

お見事カイの426(2015年)    ・・・の陰で笑顔で死亡

ただ、「ロケーションは最高」「雰囲気はメチャ良いね」など、結果的にみると翌年の『あの日』に繋がる何かをJr諸君はもとより、大人たちの心にも植え付けてくれた遠征になったのでした。

鹿園両M氏1.JPG

この感じは独特ですよね

という、不発の遠征を経て1年後の今年の『あの日』ですが、今回はJrメンバーフル出動で、カイ・アラタ・カナタ・ゴウキ・レン・ココミの6名が参加しました。

現地入りは夜明け前に到着しました。

取り敢えずは車中にて仮眠をとり、夜明け少し前にまずは朝食を仕入れるために大沼公園駅前のコンビニに到着すると・・・、いますいますへら師が・・・。

というよりもへら師しかいません、ハイいつもながらなんでしょう、真夜中のコンビニの人口密度ではありません。


と日研秋田の方々がいるではありませんか、早速「おいらたちも日研なんだべさー」、と話しかけると同じ日研のよしみで「昨日は○水ワンドのササ○ブ前で17枚出た人がいる」との物凄い情報をいただけました。


 そんな貴重な情報が、実は『あの日』の複線になることは、この時点では知る由もなかったのですが・・・。

「まあ取り敢えず」と、鹿園に入って情報収集に努めましたが、存外に人が入っていません。


「ああダメなのねー」ということで、Jr諸君でも比較的釣り座を構えやすい、且つ前年カイが実績を出した、地獄湾へ全員で入ることにしました。

地獄湾て本当に地獄.JPG暇だから携帯ゲームでも.JPG

     当たり無いねー、                  ま、まさか携帯ゲームですかー?


 で、この日は、ほぼなーーーーにもなく終わりを迎え、夕刻キャンプ場に入って野営しました。


 実は夜の帳が降りてから雨が降り出し泣きっ面にハチとなったのです。

翌朝は”釣れないのに頑張った前日の疲れ”が仇になり全員が寝坊をしてしまい、雨の中降る中エンジンの掛りが悪いスタートとなりました。


 じたばたしても始まらないぐらいの寝坊であったため、がっちりと情報収集をしようとあちこち回ることにしたのですが、残念期待したハタキは「全くー」でした。

とここで、「そうだ『○水ワンド』がどうとか」を思い出して、同地に向かうとこれが人っ子一人いません。

同地では、釣果の指標の一つとなる釣り人の姿は、前日の釣果を雄弁に語ってくれるのです。


「はぁーダメかー」とここで、「ホントウニダメ」「ギモヂワルイ」、前日の鯨飲馬食が災いし、スギはユース下付近で一人車を下ろしてもらい歩くことに、「じゃコンビニで朝飯仕入れてきますー」とメンバーが大笑いで去っていく中、スギは一人湖畔を青ざめた顔でとぼとぼ歩いていると、おや今「ガバッ」とか音しませんでしたー。


 いやいや、気のせいでしょー?
 

「ガバッ」極散発ですが、水没した柳の枝周りで魚の気配があります。

車に乗っていては絶対に気付けない・・・、しかしてその命の営みはしっかりと刻まれています。

「鯉ー?」じっくりと観察してみると魚の正体は「鯉じゃな―いイェッ」、そうなんです正体は探していた恋人!!『へら鮒』しかもこれが実に「デカイ」のでした。


 瞬間で青ざめていた顔色に朱が差し生気がみなぎるから現金なもんです。          Jr諸君を含めた皆がコンビニから戻ってくるのが待ち遠しいところですが、兎に角、「座を構える場所があるのかどうか」、辺りをウロウロと探っていくと、実はこれが道路から奥まったところでは結構なハタキが見られます。
 釣り座も何とかメンバー分は確保できそうなので、帰ってきたJr諸君を2手に分けて座を構えてもらうことにしました。

と言う事で「ここからいよいよ本番に入る」といったところで、勿体付けて次回のお楽しみとしておきます。



次回予告!!「鯉だー」からのぉーーーー

「へらでしょー!!」にご期待ください。



そしていきなりこれが来ます!!

あらた470大沼.JPG
     アラタ君の470
 

多分『序破急』3回に分けてお届けします―!!
まさに今回は『序』のココロダー


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。