SSブログ

発寒川での釣り②

 Jr諸君は月例会が始まるまでの2月~4月までの間を発寒川で釣りをすることになります。釣果だけを追求するなら、3月に入れば通称ガトキン周辺で竿を出したほうが数十枚の釣果になることも少なくないので期待値は遥かに高くなるのです。

 しかして、やはり将来のある子供たちを預かっているわけで、釣り座の安全を第一に考慮するのは当然であり、また“何を第一に考えなければならないか”を考えれば必然的な選択となるわけです。

 前述通りに子供たちの選択は釣果を第一としない必然なのですが、一方でサポート役の大人たちのにとっては「あそこのワンドでー」「ここの遠浅場所でー」など、垂涎をぐっと堪えてこの釣れないポイントで頑張るのです。 

 ただ、「全く駄目か?」と問われればこれが意外なほど好釣果をたたき出すこともあるのです。 Jr諸君にとって初めての茨戸湖例会となった2015年の4月、彼らの安全確保のため発寒川限定での例会だったのにもかかわらず、なんと大人の例会を凌ぐほどの釣果を記録しました。 その釣果は軽々と10kを超え、大型も40UPが2枚も出ました。 

だからー38番だけど43.5cmだってー1.JPG

番号は38だけどヘラは435だよー

カナタの42.JPG

オレだって420ダシー!!

 この日、『Jrの母体である大人たちの集まり新べらクラブ』の長寸を軽々と超える435をアラタが釣り上げました。後に分かったのですが、この日茨戸湖全体で3つの例会が入っていたのですが、その中でもこの435は最長寸だったのです。そんな今シーズン一番の釣りが、例会にピッタリと合致するとはなんともはや素晴らしい限りです。

Jr集合写真3.JPG 

左からゴウキ・アラタ・カイ・ココミ・レン・カナタ

 成績発表が終わり、記念撮影が済むと多くの会はそこで散会となるのが普通のようですが、新べらクラブおよびJrとも、この後は恒例の感想戦が毎回ごと行われます。

 各自がその日の釣りをいろいろと反芻し、まな板の上にあげて皆で揉み合うのです。そうしたことで、情報交換がしっかりとなされ次回への糧になるわけです。

 ただねー、大人たちはこうした時間をしっかりと有意義に使っているようなんですが、Jr諸君ときたら・・・。スギとしてはもう少し真剣に取り組んでもらいたいのですが、まあこれはJr諸君の実にJrらしいところなんですがよね。

 食って飲んでおしゃべりして・・・、例会後も笑いが絶えない彼らの写真を載せておきます。

Jrの成績発表2.JPG

また食ってるし 

おめでとうー.JPG

オメデトーー

 さてここから1年後の2016年4月、やはり茨戸湖例会が開催されました。今回も発寒川限定でしたが、やっぱりきっちりと40UPをゲットし、大人の重量を凌ぐような記録も出たのです。 

 カナタ408茨戸.JPG廉404茨戸湖.JPG

二人ともに40UPです

 ちなみに同年の例会ですが、スギはオデコに沈みました(実は前年も2枚でした)。  

 あと3ケ月ほどで今年も茨戸湖の例会が開催されます、中2になる主力組ですから、今年から『発寒川限定』は外すことになるかもしれませんが、初回の例会が開催されるまでの間はやっぱり『発寒川でのオープン戦』が今年も繰り広げられます。   

 さて今年はどんな釣りになるのか大変に楽しみなところです。  

 なお同川は、東屯田川の吐き出し水門の有る側は水深が0.5本ほど、対岸側は0.3本ほどと大変に浅く、水位に釣果が大きく左右されます。 基本的には減水傾向の日は苦しむことになります、ただ、そんな日でも日に何度かは増水に転じたり流れが止まったりしますので、ノーチャンスの日はほとんどありません。

 川ですから流れがあるのですが、基本的には西区の発寒川とは繋がっておらず(川の切り替えで上流部は新川につながっている)、平たく言うと入り江といってよい場所です。

 したがって川のように午後から融雪で流れが強くなるということは少なく、寧ろ潮の干満の影響で水位が変化する茨戸湖の状態次第で、流れたり止まったり、果ては逆流したりと千変万化します。

 総じて、創成川よりは流れは緩いので、「外通しでなければ」などといった状況は極少なく、ほとんどはバランスの底釣りか中通し程度までで対応できます。

 なお言わずもがなですが、茨戸湖全般に共通の水位の変化に対応した底取りは、必須となります。

  さて、実釣情報の提供まではあと1ケ月はかかるので、次回は・・・、その他の釣り場で釣り上げたJrたちの尺上をお届けする予定です。 やっぱ、寒い時期なので半袖で写っているような写真をできるだけピックアップしますよー。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。